鹿児島家土地ナビ > お知らせ > 丸和建設の住宅ローン情報局 (その2)

お知らせ

各社の住宅ローンの金利動向をチェックしていきます。

ユーザー調査で、最も高い評価を受けているフラット35は、返済期間が21年以上の場合の金利が1,55%~2,25%(前月比-0,04%)また、返済期間が20年以下の場合の金利が、1,28%~2,13%(前月-0,04)と今月は金利が下がりました。引き続き、他の金融機関と比べると魅力的なサービスを提供しております。

次に評価の高い住信SBIネット銀行は、変動金利、2年物、5年物などの短期金利を据え置く10年を超える中期の住宅ローン金利、20年を超える長期の住宅ローン金利を引き下げました。変動金利の低さが特徴のソニー銀行は、今月も10年を超える固定金利を中心に住宅ローン金利を引き下げ、さらに魅力的な水準でサービスを提供しています。

メガバンクのみならず、日本全体の住宅ローン金利の指標となっている三菱東京UFJ銀行は、10年ものの住宅ローン金利を大幅に引き下げ、ネット銀行並みの水準に設定。その他の金利も長期金利を中心に引き下げています。三菱東京UFJ銀行に次ぐ人気を誇る三井住友銀行は、10年ものの固定金利を同水準に引き下げると共に、30年を超える長期固定型の住宅ローン金利をわずかに引き下げました。今月は、各金融機関ともに金利が下がりました。

   鹿児島の住宅ローン金利動向について、わかりやすく最新の情報を提供する勉強会を開催しています。

お気軽にお問い合わせください。

110

売主様のご要望で一般には公開していない「非公開物件」を会員様だけに限定公開しています。

非公開物件を見るなら今すぐ!「無料会員登録」


ページの先頭へ